メニュー

ペインクリニック治療

ペインクリニック治療について

 

当院ではペインクリニックで伝統的に行われているような神経ブロックも行なっています。神経ブロックとは、麻酔薬を直接神経近傍に注入して痛みを緩和させる治療法で、当院では針を進める際にリアルタイムに超音波を見ながら安全に行なっていきます。

 

神経根ブロック

神経根ブロック注射とは、痛みがある場所の神経の近くに局所麻酔薬を注射することで、一時的に神経の興奮状態を抑えて効果的に治療する方法です。その結果緊張した筋肉をほぐして血流を改善させ、広がった血管を通して酸素や栄養を痛い場所に効率よく運ぶ事ができるようになります。治療は日帰りで行うことができ、治療には保険が適用されます。

 

適応:

・保存的治療抵抗性の頚椎椎間板ヘルニア

・頚椎症性神経根症

・胸郭出口症候群 など

 

神経根症状(肩〜上腕の痛み、手指のしびれ)があり、頚椎を後方・患側にそらせると症状が増悪し、レントゲンやMRIで頚椎症性変化やヘルニアを認める事で診断します。

 

頚部神経根ブロック注射による治療の実際

超音波ガイド下に該当する頚部神経の周囲に局所麻酔薬を注入します。治療の後は30分ほど安静にして頂き、体調変化がない事を確認し帰宅して頂きます。治療後は上肢が一時的にしびれる事がありますが、時間とともに改善していきます。

 

その他にも星状神経節ブロックや硬膜外ブロック注射も実施しています。

これらの治療はいずれも保険診療で行います。

 

これらの治療は大府市の宮田整形外科・皮フ科でも院長自らが行なっています。大府市がお近くの方はそちらの受診でも対応しておりますので、ご検討ください。

 

文責:医師・医学博士 藤原圭史

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME