メニュー

当院について

ごあいさつ

『患者さんを適切な治療にご案内する』

当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

おかざき足の血管外科・痛みのクリニック院長の藤原圭史(ふじわらけいし)と申します。

私はこれまで大学病院、がんセンター、痛みの専門クリニックなどでIVR(Interventional Radiology)と呼ばれる画像下治療を3000例以上実施してきました。IVRとはカテーテルや針を用いて、切らずにできる体に負担が少ない新しい治療法です。

当院は下肢静脈瘤とあらゆる痛みやスポーツ障害の治療に特化した専門クリニックです。その中でも超音波検査を用いた診療を特徴としており、当院のロゴマークは超音波検査のビームをイメージとした形となっています。特に整形外科・痛み領域においては超音波は診療革命と言われ、超音波により痛みを可視化できるようになり、また超音波ガイドで治療を行う事で正確に適切な場所に注射する事ができるようになりました。

インターネットにより多くの情報を得られるようになった今日ではありますが、情報が多すぎるが故に、どの治療が適切なのかわかりにくいという弊害も生まれていると感じています。

特に下肢静脈瘤や痛み診療においては、治療法はどんどん進歩しているのに、まだまだ提供できる施設や医師が少ないと感じ、多くの方に適切な治療を受けてもらいたいという思いから、このたび開業させて頂く運びとなりました。

人生100年時代と言われて久しいですが、正しい知識や最新の知見から

『患者さんを適切な治療にご案内する』をモットーに、

長く健康に、人生を快適に過ごすお手伝いができればと考えています。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

おかざき足の血管外科・痛みのクリニック院長
藤原圭史

 

愛知県大府市の宮田整形外科・皮フ科でも院長の藤原の外来日がありますので、当院と同じ治療を受ける事ができます。大府市が近隣の方は是非そちらを受診頂ければと思います。

宮田整形外科・皮フ科HP

 

Twitterはこちら

略歴
  • 愛知県立旭丘高校、金沢大学医学部卒
  • 安城更生病院初期研修医
  • 聖マリアンナ医科大学病院、国立がんセンター中央病院など関連施設にて研鑽。
  • IGTクリニック(カテーテル治療専門クリニック)
    Okuno clinic.表参道院院長(痛みの専門クリニック)を経て
    おかざき足の血管外科・痛みのクリニック開院
所属学会・資格
  • 医学博士
  • 日本医学放射線学会診断専門医

上記の他、下記写真の専門医(下肢静脈瘤やカテーテル治療の専門医)を有しています。

当院の特徴

①下肢静脈瘤とあらゆる痛みに対応

下肢静脈瘤とあらゆる痛み・スポーツ障害に特化した専門クリニックです

②保険診療

原則、保険診療で外来、治療を受ける事が可能です。
(*一部の痛み治療は自費診療になります)

③超音波検査(エコー)を用いた診療

超音波を適切に使用する事で、診断・治療の精度が劇的に上がりました。

④専門医による診療、治療

下肢静脈瘤指導医や放射線診断専門医*1、IVR学会専門医*2を有する医師が診察、治療を行います

*1:エコーなどの画像診断を専門とする医師のことです
*2:IVR = Interventional Radiology IVRとはエコーガイド下注射などの画像下治療のことです

⑤日帰り手術・治療

下肢静脈瘤や痛み治療が必要になっても、入院を必要としない日帰り手術です

⑥痛み治療の選択肢が豊富

保険診療での通常診療からハイドロリリース、自費診療である運動器カテーテル治療、PRP治療、体外衝撃波など、
あらゆる治療が可能です。

 

一般名での処方について
処方するお薬が商品名ではなく一般名(有効成分の名称)で処方する際は、患者さんに処方に際して十分な説明を行っています。

医療情報の活用について
当院はオンライン資格確認、電子処方箋などを活用し、質の高い診療を実施するための十分な情報を取得し、及び活用して診療をおこなっています。

 

施設案内

受付カウンター

診察室
超音波検査を使って診断・治療を行います

ゆったりと施術を受けていただける手術室

待合室
待合室には絵画を複数ディスプレイ(atelier incurve)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME